前回に引き続き、服掛松キャンプ場です。

ちなみにこの「服掛松(ふくかけまつ)」ですが、『明治26年、陸軍の熊本地方大演習の折、北白川宮殿下がこの地に御来臨され休憩の際に軍服を掛けられてたから、付近一帯を服掛松というようになったということです。』
..... だそうな。前回(昨年7月)来た時には気にした事もありませんでした(汗っ)

まだまだ暑いけど秋の気配 by ミシェル坊

今回のキャンプ、暑さに負け、なんだかボ〜ッと(熱中症じゃね〜か)してて、写真あんまり撮ってないんですわ〜。終始バテバテ。はっ!と思ってなんとか夕食の写真を2枚ほど。

なんだか小粋なサラダとジャコ入りパエリア風?

いつの間にそんな皿をゲットしたんだという皿に .....
そして、子持ちシシャモ〜♪

子持ちシシャモ〜♪

なんか、ダルくて食欲ないわ〜という私に、妻曰く「いつもより食べてるよ」との事。なはははは〜自覚なし。お腹が張るな〜とは思っていたんですけど、ただの食い過ぎでした m(_ _)m


夕食も済み、ようやく今回のメイン「焚き火」デビューです。
薪は事前に、ある程度異なる太さ、針葉樹、広葉樹を家で下ごしらえしておりました。

色々、細かい「焚き火」のやり方はあるらしいですが、焚き火してる!感が早く味わいたかったので、パッと想定できる準備は現地ではなく家で準備。着火材もほぼ失敗はないと思われる卑怯な(笑)「エコココロゴス」で。



おかげでいい感じで、「焚き火」デビューとなりました。火がつかない、燃えてもすぐ消える、炭化してるだけ炎が上がらないって事は避けれました。

ユニフレーム ファイアグリル で焚き火

問題は、どれだけの薪で、どのぐらい燃えるのか? 木の種類、薪の太さによる違いなどなど..... 色々やってみないと分からないこともあったのですが、今回の「焚き火」デビューで小さな一歩を踏み出したのであります。
ただ、ホームセンターとかで買う薪って高くね?って感じです。コストパフォーマンス悪いな〜というのが実際、焚き火をやってみた正直な感想。

ちなみに焚き火台はこいつを使いました ↓



もうちょっと薪を準備してた方が楽しめたかな〜とは思いつつ、焚き火が落ち着いた頃、時間を確認したらPM9:43。いつもの妻ならもう寝ている時間です(笑)準備からある程度の終わらせ方としては、次に繋がるまずまずの出来だったかな〜と。

意外に気温下がらず

あ〜でもない、こ〜でもない、なんて話を焚き火を囲んでいる間、ほぼ、焚き火に夢中で放置状態だったミシェル坊をろそろ寝かすかな〜と思ったら、目からビームが出てました(苦笑)

沈黙の目からビーム by ミシェル坊

ちょっと寝苦しい一夜を過ごし、翌日ちょっと遅めの起床。
軽くミシェル坊と散歩後、昨日の夕食の残りと、きんぴらサンドを。
いつもなら朝食は取らないけど、キャンプの時は不思議と食べられちゃいます。

きんぴらサンドに夕食の残り、ぼんじりと豚トロ

いつもになく、ゆる〜いキャンプだった「2度目の服掛松キャンプ場」
近場の「歌瀬キャンプ場」の下見に行こうと思って寄ったのですが、受付周辺の駐車場が大混乱(汗っ)してたので、流石にちょっと気が引けたので今回は見送り、気になっていた「あそ望の郷くぎの」へ。ここ無料のドッグランがあるんです。

当然のごとく3連休なので駐車場はここでも大混乱(汗っ)
それでもなんとか駐車場を確保して、階段をとことこミシェル坊と降リてたんですが..... ここで私、階段を踏み外し階段を転げ落ち、左足首を痛め、右足の膝から流血、足を引きづりながらの状態で会場へ。今回一番のビックリな事件です(笑)

あそ望の郷くぎの

「阿蘇山 降灰」がなかなかもんで、黒い車は降灰でうっすらとグレーに。

ここ「あそ望の郷くぎの」はドッグラン2面ありまして、小型ワンコ専用とそれ以外のワンコ。前日の服掛松キャンプ場に続き、ここでは2匹のボーダーコリーに遭遇。なかなか2日連続でボーダコリーに会う事はないですね〜。

あそ望の郷くぎの ドッグラン2面

マウンティングが酷いミシェル坊は、今回はちょっと遠慮しましたが、ドッグランの周りをぐるりと回りながら、いろんなワンコとご挨拶。いいですね、広くて気持ち良いし景色も良いじゃないですか〜想像通り良いところでした。

宮崎にもこういうところあるといいなぁ〜と思いながら帰宅。
それにしても足が痛い..... こんな状態でよく運転して帰れたもんだ(苦笑)

  


 

2019年9月1度目の3連休。2度目となる服掛松キャンプ場に行ってまいりました。と言っても3連休初日は妻の都合がつかず、日曜から月曜にかけてのキャンプとなりました。

キャンプに出発じゃ〜っ by ミシェル坊

多いだろうなとは思いつつ入場すると、前日からのキャンパー達や今から設営すると思われる方々がドバッ!と(笑)多いだろうとは分かっていましたが、やっぱりねという感じ。3連休おそるべし!

前回来た時に、目をつけていたフリーサイトエリアに移動。

阿蘇山の南方を遠くに臨め.... ない場所に

阿蘇山の南方を遠くに臨めるこんな感じの眺めの良いエリアは.....
もちろん空いておらず、景色的にはアレですが、周りを多くのキャンパー達に囲まれずに済む、端の端の方で控えめに楽しむことにしました。

端っこの端っこに

今回の目的は、ほぼ「焚き火」デビューだったので、周りに気兼ねなくできるという視点で見れば、結果オーライの場所かなと自分を納得させるのでありました。
(地面には石が多くて軟弱なペグはNG)


ミシェル坊とキャンプをしだして、ワンコ好きの方にたまに声をかけてもらったりするんですが、今回はちょっと今までにはない出会いがありました。初めてのボーダーコリー同伴キャンパーさんに声をかけて頂き、ちょこっとご挨拶〜♪



他、同年代のソロキャンプをされていた方で、1年ほど前に愛犬を亡くされたらしい。ミシェル坊に目をかけて頂き、3、4回は、わざわざ、私たちがいる場所に遊びに来て頂き、ミシェル坊を可愛がって頂きました。いやぁ〜本当にありがとうございます。

お世話になっているブリーダーさんの宣伝しときましたので、問い合わせが来るかも!?しれませんよ〜(笑)宮崎にもたまに来るらしいので。

いやぁ〜しかし暑かった。久しぶりの暑い中のキャンプだったせいか、もう設営でバテバテ(苦笑)休憩しながらまったりとなんとかそれっぽく配置して、今回の目的「焚き火」デビューの準備も整いしばらくのんびり。

焚き火の準備OK? DOD(ディーオーディー) 薪スタンド となりのまきちゃん カーキ・ブラック LX1-453

薪は事前に近所のホームセンターで買っておいた杉、ナラなど(多分)。焚き火の雰囲気を演出するための薪用バッグ&スタンド、DODの「となりのまきちゃん」。



必要かどうかは別にして(笑)なんかいいじゃないですか趣があって♪

まずは形から、しかしネーミングがDODって相変わらずダサいんだか面白いんだか微妙なところがクスッとしていい感じです。
汎用性もあるので、包んで持ち運べる物に使えますし、ざっくり荷物を地面につけずに置けたりできますので、薪用バッグ&スタンド以外にアイディア次第では色々使えそうな気がしております。

夕食までのんびりミシェル坊と散策して、ご近所キャンパーさん達のアイテムやテクニックをチェックし、盗めるものはないか散歩してるフリしてチェックチェック!時に凝視(笑)

続く .....

  


 

休みはあったんですよ、連休もあったんですよ、ただ通院が重なったりとか、台風とか色々、結局今年2回目のキャンプに今日時点で行けてないのでありました(汗っ)

まだま暑いっすね〜 by ミシェル坊

そんな先日、数ヶ月前に焚火台にと思って、買ったままで物置にひっそり未開封(苦笑)だった、ユニフレームのファイアグリル ちゃんを開封。はぁ〜ようやく..... とりあえず開封。練習がてらサクッと組みたて、練習するほど難しはないんですけど。

ファイアグリル (ユニフレーム)

キャは♪ やっぱり新品はピカピカしております〜♪
キャンプ場でピカピカしてるのは、それはそれでちょっと恥ずかしい..... あ、あの人、初心よって目で見られる可能性大!
いやいや、みんな始めは初心者だったでしょ? 温かい目で見守ってください m(_ _)m



スノーピークの焚火台でも良かったんですけど、キャンプ場であっちもこっちも嫌という程見てるので、スノーピークの焚火台じゃなくていいかなぁ〜って。 ある程度お値段お手頃で汎用性を考えると、やっぱユニフレームのファイアグリル かなと言うことに落ち着いた次第です。
メッシュ焚火台も超気になる..... コンパクトになるしね〜。

焚火台だけあってもしょうがないので、近所のホームセンターに物色へ。
いい感じのナイフは..... 我が家のご近所のホームセンターにはありませんでした(笑)まぁ、ないかなとは思いつつ、ダメ元で足を運んだんですが、とりえず、薪ひと束、長めのトング、革手袋、念の為スコップ的なやつ、まさかの手斧(爆)いやいやなんかノリで手斧! 薪といえば、手斧じゃない〜い?という先入観。
火消し壺は、いるかどうか悩んだあげく買わずに保留。目につくところになかったので、まぁ今回はいいかと購入は保留。

ホームセンターで手斧買っちゃう

全部で3,000円ぐらいだったかな〜安くね?
革手袋はちょっと怪しい..... それなりの温度には耐えらるらしいけど。値段が値段なんでどうかな〜怪しい。
いい感じのナイフは、Amazonで口コミ良さげなやつで、お手頃なを探すとします。


んで、いつ行くかな〜キャンプ。
今週末いけるかな〜。
行けそうな気はしてるんだけどな〜。

どちらかというと、妻の方が行きたくてしょうがないようで、週末近くになるとなんかブツブツ言っております(笑)
これ以上、妻の機嫌が悪くなると大変なんで、そろそろ本当にキャンプ行かなくてはっ!

  


 

あ〜なんだかんだで9月になりました。
7月、8月は結局一度もキャンプに行くことが叶わず。台風来たり、週末に限って雨だったり、もろもろタイミング悪く。

んで、いつキャンプ行くんだべ? by ミシェル坊

そんな消化不良のまま9月を迎えたのですが、前回投稿した「YAKIMA ロードウォーリアー ルーフラックをサーフちゃんに取り付けてみた」に引き続き、今度はそのYAKIMA ロードウォーリアー ルーフラックに「シャベル」を装着。9月1日は防災の日ですから、防災用に「シャベル」を(笑)

シャベル装着 YAKIMA

なんかもう災害時は、ご近所に救援いけるような装備に(笑)
多少の悪路もでへっちゃらサーフちゃんなので、もしもの時は出動要請がご近所からあるかもしれません。



市内のホームセンターに黒のシャベルを探しに行ったのですが、ないんですよ「黒」って。ピカピカのステンレスでもイイかな〜と思ったのですが、ピカピカものって、サーフちゃんの装飾系には一切ないので、シャベルだけピカピカでも統一性ないなと思い、ホームセンターは諦め、ネットで買いました。

ついでと言っては何ですが、YAKIMA ロードウォーリアー ルーフラックにエクステンションをつけ、延長しまた。長く重くなったので、今回は妻にもお手伝いしてもらいせっせと作業し、装着です。


どれぐらい長くなったかというと、エクステンション装着前がこんな感じ .....

YAKIMA ロードウォーリアー  ルーフラック(トヨタ ハイラックスサーフ 215 )

装着後がこんな感じ .....
サーフちゃんのルールレールの長さとほぼ同じぐらいの長さになりました。

エクステンションで延長 YAKIMA ロードウォーリアー  ルーフラック

思った以上に長い(笑)
シャベルが小さく見えますが、家庭用なんでそこまで小さくないんですよ。

今回、シャベルをつけた訳ですが、そもそもシャベル(ショベル)なのかスコップなのかって呼び方どっちだっけ?なんて思った訳です。
私のイメージとしては、大きな足をかけて掘ったりするのがショベル。ガーデニング等で使う小さなヤツが「スコップ」だと思っていたのですが、西日本と東日本ではどうも呼び方が違うみたいでした。

【参考:シャベルとスコップの呼び方が東日本と西日本で逆だと話題に 「小さい方がシャベル」「え、スコップだろ?」】
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/09/news099.html

同じものなのですが「シャベル」は英語、「スコップ」はオランダ語。
無意識にぼんやり使い分けしていましたが、今まで気にしたこともなかった事が分かったので、私にとっては小さな発見をした気分であります(笑)

  


 

なんだかんだで、あっという間にサーフちゃんに乗り出して3ヶ月。
キャンプ仕様車として乗り始めたものの、怪我するわ、体調悪いわ、天気悪いは、休みのタイミングが悪いわで、結局キャンプに行けてないのであります。トホホ ..... 悪いことは重なるもんです。

次はどこいくんじゃ? by ミシェル坊

分かっていたものの、前車に比べて、ガソリンの減り方が2倍も速いという恐ろしさ。それに比例して私のお小遣いは必然的に減っていくのであります。タンクを空に近い状態でガソリンスタンドへ行き給油すると、給油機のリミッターで満タンにできないという、輪をかけて恐ろしさ倍増(汗っ)9,990円で止まっちゃうんですよね大抵のガソリンスタンドでは。

まぁ、それはそれとして、キャンプ仕様車として、それっぽくしなきゃということで、前車に付けていた「YAKIMA ロードウォーリアー ルーフラック」をサーフちゃんにも取り付け。
もちろん、新品じゃありませんよ、前車に付けていたものです。使えるものは大事に長く使いましょう〜♪

YAKIMA ロードウォーリアー  ルーフラックをサーフちゃんに

はい、こんな感じでございます。控えめでいい感じ。

一回り大きな「YAKIMA メガウォーリアー」なるものもあるのですが、サーフちゃんの天井幅を考えると「ロードウォーリアー」の方が収まりが良いかなと思います。プラドみたいにサーフより箱型に近い車は「メガウォーリアー」の方が迫力あっていいのかななんて思っちょりますが、この辺は個人差があるので、どちらがベストという訳ではありませんが、個人的には「YAKIMA ロードウォーリアー」の方がいいんじゃないかな〜と思ってます。



ベースキャリアは新たに購入しました。
ルールラック同様、YAKIMA製で揃えようかな〜と思いましたが、気持ちYAKIMA製、高いなと感じたので、ここは安心・信頼のスーリー(THULE)製のフット(7104)とスクエアバー(7124)に。他にも安いメーカーはあったんですが、困った時はブランド力優先するのでありました。おほほ(笑)

スーリー(THULE) フット(7104) スクエアバー(7124)

ちなみにフットとバーが車種別にセットで売ってたりします。セットになってるから安くなるということはないのですが、車種別セットで買えるのありがたいです。もちろん安心の保証書付きでございます。



サーフちゃんに「YAKIMA ロードウォーリアー ルーフラック」の付けた時の全体像、大きさ、車とのバランスがどうなるか横から撮った写真をのせときます。

YAKIMA ロードウォーリアー  ルーフラック(トヨタ ハイラックスサーフ 215 )

車全体と比べて(バランス)「YAKIMA ロードウォーリアー ルーフラック」が若干小さく見えますが、そこまで極端に違和感はない。ただやっぱり幾分、長さがもう少し欲しいところです。

なので、エクステンションで延長しようかと思っております。ついでにスコップでも付けちゃおうかな〜。よりキャンプ使用車っぽくなるかも。スコップなんて使う場面がどれだけあるのか疑問ですが、備えあれば憂いなし ..... 99%使わないとは思いますけど。

あるとした災害時ですかね。
今のご時世、何かと自然災害多いですからね .....